FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category刺繍・ソーイングしてます

映画、、、からのドロンワーク付きシャツワンピース、6月のシャツ

trackback0  comment--
「アレキサンドリア」という映画をみました。
古代ローマ帝国の女性地学博士のお話だったと解釈しました。
世界史を高校で選択していたものの、ずいぶん昔なのでローマ帝国、ユダヤ教そのほかいろいろ知識が抜け落ちてて、、、
世界史の教科書がここにあればな~と思って見た映画でした。
賢い女性のサクセスストーリーなのか!?と思いきや、かなりシリアスぅなお話で。
見終わった後はずーんと気分が沈んでしまいました。

しかし一点だけ良かった点が!
お話に出てくる国の大臣達、オジサマ達の服の肩の部分に刺繍でドロンワークが施されている!
ローマ帝国時代にドロンワークってすでにあったんかなぁ?という疑問は受け流して、
なかなかセンスの良い映画衣装担当さんだなと感心。
ドロンワークというのは糸をかがったり、糸を抜いたりして表現する引き算加減の美しい白い刺繍。
ただ、熱帯地方で大昔だから、簡素な白っぽいざっくり生地にドロンワークができたものの、同じような衣装を現代で着たらただの古代風コスプレになってまう~

でもその後も服にドロンワークを搭載というイメージが離れず。
今回ちょっと別の形で強引に搭載してみました。
004_convert_20150623212208.jpg
黒のたて糸、白の横糸の織り地でしゃらっとしたグレーに見える生地で半袖の涼しいシャツワンピを縫いました。
そして目立つポッケに、ドロンワークを施した布をくっつけ、搭載完了。
ドロンワーク部分はこんな感じ。
005_convert_20150623212220.jpg
白糸の隙間から下のグレーの生地も見えてドロンワークのお仕事がよくわかります。
糸のかがり方はたくさんあるのですが、なんとなく好きな感じで三タイプ並べてみました。
ちなみにグレーの生地でポッケを作ってその上に刺繍部分を置いてるので、ポッケはちゃんと使えます。切符の一時置き場所にしたりできるわけです。
この程度ではドロンワーク搭載といってもまだまだですが、今後もちょっとイメージがわけば別の形でも作っていきたいなと思います。
ワンピースにしましたが、はおりものにして活躍させたいなと思っています。
暦は6月なので、12か月シャツプロジェクト6月のシャツに。


スポンサーサイト
 
http://kanaderustitch.blog.fc2.com/tb.php/207-0ea5bab0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。