FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category刺繍が登場する映画

円卓 ~こっこ ひと夏のイマジン~

trackback0  comment--
まじでやぶへびでした、この映画に突然刺繍がでてくるなんて。
行定 勲監督の「円卓 ~こっこひと夏のイマジン~」


行定勲監督の映画昔から好きで見ていたんですが、これは昨年公開された芦田愛菜ちゃん主演、原作が今をときめく女性作家の西 加奈子さんの作品であります。

本当に芦田愛菜ちゃんが演技上手で、また家族で囲む円卓の食卓の雰囲気もとても温かくて良く、小学生が主人公の映画ながら大人でも楽しんでみることができる作品でした。

作品の映画としての感想は専門家にまかせるとして、この映画ポイントに刺繍がでてくるので驚きだったんです。

まず、主人公のこっこと三つ子のお姉ちゃんが団地の部屋で川の字で寝ているカットが何回か挟まれるのですが、
三人の寝ている掛け布団がすごい
たぶんこれ、、、刺繍?なんでしょうが、和柄の屏風絵のようなごっつい模様の大迫力の掛け布団。
ちょっと女姉妹の掛け布団にしては不釣り合いにも思え、なんだか笑えます。

さらに三つ子の姉妹の一人が刺繍好きという設定。中学生なんだけど!
でもとても上手なんです。
こっこが大事にしているジャポニカ学習帳の表紙のアリの写真を、刺繍しようと思いつくというくだりがあります。
こういう思いつきって好きだなあ
さらにその刺繍の完成形が出てくるのですが、なんともオシャレ~な仕上がり。

他にもこっこの衣装や髪飾りが独特で可愛かったり、手芸っぽい飾りがついていたりするかばんやデニムをはいていたりで楽しめます。

上記の理由から気になって、エンディングを注視していましたら、刺繍布団のお店らしき名前や、刺繍教室の名前なども出てきましたから、なるほどと思いました。

気になった方は一度映画の方をご覧くださいね。すでにレンタルもされていますので。
お子様と一緒に見るのもおすすめです。

スポンサーサイト
 
http://kanaderustitch.blog.fc2.com/tb.php/196-b813a2d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。