FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category刺繍にふれる旅行

タイ旅行まとめ 4

trackback0  comment--
旅行では毎回その土地の本屋を訪れて現地の刺繍の載っている本や、手芸本などを探すようにしています。
今回もバンコクの大型ショッピングセンターを訪れて、そのなかの紀伊国屋に行ってみたんですが、私が思っているような本はみつけられず、何も買わずに出てきました。
うまく探せてなかったかもしれませんが、私が探しているのはあくまで現地の人が書いてて、タイらしい作品を載せているようなものだったんですが、なかなかお目にかかれませんでした。
やはりベトナムと比べて手芸関連本はとても多く置いてあります。経済成長もして趣味として手芸も浸透しているのですね。
手芸本で多かったのは洋書と日本の本→タイ語にしてあるのが多かったです。
日本の有名な作家さんの本や、表紙の写真を見てあきらかに日本の出版という本が多かったです。
手芸の分野では日本て先進国なんですね。
しかしタイの方が書いたようなタイそのものという刺繍本がみつけられず自分としては寂しかったです。
まあ、日本の数多くの手芸本、刺繍本のなかのこぎん刺しの本や日本刺繍や和裁の本の割合って少ないですもんね。タイにしても同じようなことかもしれません。

なんかいろいろ考えさせられました。

街や人を見ていると他にもいろいろ考えることが多くて、違う国のことを少しでも現地で味わうって大事だなと思った旅行でした。

タイ旅約4日間とう短い期間でしたが、総じて楽しく面白い旅行となりましたよ。

が、自分の考えていたことの50パーセントくらいしかできなかった気がします。
それはタイが物足りないのではなく、むしろ逆で、こんなとこもあんなとこも行きたかったし、探したかったし食べたかったし、でも。。。という時間の関係でやむなく削った部分が多くて心残りがある、ということなのでした。
ともかく旅行客の量がすさまじかったのでそれだけ旅行者に愛されていて、満足度も高いってことなんでしょうね。

また布を買いにタイ行きたい!
と今はそう思います!

最後にバンコクオシャレスポット、ドームアップルブアホテルのスカイバーからの夜景です。
素敵でしたので、皆さんもバンコクに訪れた際には遊びに行ってくださいね。
209_convert_20150204144951.jpg

ながながと旅の戯れ言へのお付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト
 
http://kanaderustitch.blog.fc2.com/tb.php/176-b469274e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。